FC2ブログ
 
■プロフィール

Switch!みらい発見塾

Author:Switch!みらい発見塾
NPO法人ハーベスト「Switch!みらい発見塾」はこれから就カツ中の学生さんはもちろん、就カツ前の学生さん、求職中の大人のかた、起業したいあなたを応援する事業。
仙台に生きる働く大人のリアルな話から「仕事ってなに?」を学べるセミナーを定期的に開催しています。
http://heartbest.net/mirai.php

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
写真家 茅原田哲郎さんインタビュー
皆さん、こんにちは!
ハーベストインターン生の堀江南海です。

第三回目の今回は、
せんだい・みやぎオータムセミナー2014
で講師をしていただく、
写真家の茅原田哲郎さん
にインタビューさせていただきました。

DSCF0679.jpg

プロの写真家として、世界40カ国以上
たくさんの“出会い”を撮影してきた茅原田さん。
世界の国々を訪れる度に、
日本との文化の違いに大きな衝撃
を受けていたそうです。

その様々な経験の中から、
30歳から5年間の間に毎年1ヶ月間、
NGO活動団員としてアフリカのサハラ砂漠
訪れた話をしてくださいました。

「どうしてもサハラ砂漠に行きたい!」
という思いで入団したNGO団体。
1ヶ月無給で、サハラ砂漠に住む現地の方々の
医療支援に従事するもので、
茅原田さんは記録撮影とドライバーを担当していたそうです。

そこで見たのは、日本と比べると
不便な暮らしをしている人々
でした。

欲しいと思った物を気軽に買いに行くことができない。
病気を患ってもすぐに高度な治療を受けることは難しい。
そもそも医療が進歩していない。
経済的にも貧しい。


日本人の私達から見れば、彼らの生活は、
とても窮屈で不便だと感じてしまうかもしれません。
しかし、現地に住む方々にとっては、これが日常なのです。

どんなに遠くても自分の足で歩き、
どんなに重い荷物でも自力で運ぶ。
子どもたちは経済的な理由で学校に通うことができない。
そのような日常の中で、彼らは笑顔で家族と暮らし、
一日一日を生きています。

茅原田さんのお話を聞いて、
私達が“不便”と思っている生活は、
現地の人たちにとって“大変”であっても、
“不便”とは掛け離れた
〈幸せな日常〉
なのだと感じました。

私達が想像もつかない
現地の人たちの生活を見た茅原田さんは、
「日本と比べて、大変な日々を過ごしている人たちの
生活笑顔を撮りたい!」

と思ったそうです。

茅原田さんの写真一枚一枚には、
“想い”がこめられています。

温かく、冷たく、悲しく、嬉しく・・・
写真を見る人の捉え方はさまざまですが、
茅原田さんの写真は、
自分が世界を旅して、
自分の目で見ているかのような感覚
を覚えます。

まるで写真が“生きている”かのように、
私の心を動かしました。


今回のオータムセミナーの講座のテーマは、
『世界の秘境を旅して思ったこと』です。

茅原田さんが実際に訪れた様々な国の写真を見ながら、
海外の魅力を語ってくれます。
世界中には私達が想像もつかない日常や文化で溢れています。

その中で、
「日本人の価値観に捉われず、
ワールドワイドな心を抱いて欲しい」

と話す茅原田さん。

・世界の国々についてもっと知りたい方
・写真を見ること、撮ることに興味がある方
・海外で活躍する仕事に就きたい方


ぜひ、グローバルな視点で世界を見ている茅原田さんのお話を聞いて、
国境に捉われない「ワールドワイド」な心
を学んでみませんか?

DSCF0684.jpg

茅原田さん、お忙しい中インタビューへのご協力ありがとうございました!


堀江南海


スポンサーサイト


せんだい・みやぎオータムセミナー2014 | 10:46:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。